Home

赤道付近の上昇気流

赤道付近の上昇気流は上空10km、せいぜい15kmぐらいで頭打ちになります。
積乱雲が発達して高くそびえたつとき、厳戒の高さで雲は横に折れ曲がり、金床状に変形します。
頭打ちになることろが対流圏の上限で、上昇気流はそれ以上あがることができなくなります。

北緯30度までの循環

「赤道付近の空気は垂直方向から太陽光を受けて熱せられ、上昇気流となります。
上昇気流が生じると、空気が薄くなりますから、北の方から、補充するように空気が流れ込む」ことを貿易風のところで説明しました。
上空では、地表面と正反対の空気の流れが生まれます。
赤道付近で上昇気流で失われた地表の空気を北からの風が補充するように流れ込みますが、上空では、南へ補充のために失われた空気が南からの風で補充されます。
上空で南から北へ流れた空気は冷やされて下降流となります。
こうして、大きな地球規模の循環が生まれるのです。
赤道で上昇し、上空で北上して冷やされて下降し、下降した空気は赤道の上昇気流分を補いように南下します。
ハドレー循環といい、北緯30度付近で北上は止まり、下降流となります。
赤道から北緯30度で作られる循環となります。

二つの気流が合流して生まれる偏西風

上空の風が北緯30度で下降流となるのは、北緯30度~60度で形成されるもう一つの空気の循環があるためです。
フェレル循環と呼ばれます。
上空で南下する風を生みます。
北上する風と南下する風がここでぶつかり、激しく下降する風を生みます。
この下降流は、西から東へ吹く偏西風となります。< br /> 是起動付近に発生する城主気流が生む貿易風は穏やかですが、二つの気流がぶつかり合ってできる偏西風は激しい風となるのが特徴です。
南からの風は赤道付近の上昇気流ですから水分を大量に含んでいます。
この水分は北緯30度付近で行く手を阻まれ、その付近に大量の雨を降らせますが、北緯30度を超えて北上することはありません。
高温多湿の地域は、ほとんどこの緯度付近になり、30度を超えたあたりは、逆に砂漠地帯を生むのはこういった理由があるためです。
風が機構を作っているのです。

ハドレー循環 30度 フェレル循環 30-60